2020-01-20

大蛇に乗る旅人

画面からはみ出してウネウネ

この絵はけっこう思い出深い1枚です。

それまで漠然と点を打っていたのですが、なぜだか急に打ち方(自分的にしっくりくる)を掴んだのです。理由はよくわかりません。

わりと可愛らしい顔の大蛇

Mは大学でデザインを学んだのですが、デッサンや絵画の技法についてはまったく習得をしておりません。点描を描きだしたのも30歳を過ぎてから。だから点描の技術も完全に我流です。そもそも「もっと写真のように細密に描きたい」と思って点描を用いているわけではないので、あまり技術的な面は重視していません。

それでも「自分が描きたい世界」を、自分が満足できる仕上がりにするためには、ある程度の技術がいるわけです。その最低限のラインを掴んだのが、この絵だったように思います。まああの、右上のほうとか「え、これどうなってんスか?」ではありますが。

タグ: ,
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です