2019-12-23

林檎をかじろうとするオオカミ

だらしのない口元

初期の頃のペン画作品。
見どころは何と言っても指ですね。オオカミを擬人化した場合、だいたいヒョロっとした悪そうな印象になることが多いと思うのですが、このオオカミもそのパターン。いま見直すと、口から漂うモワッと感とか、したたるヨダレとか、描きこめる要素がけっこう詰まった面白い題材だと思います。

関節の数があやしい指

現実世界だと生活しづらくて仕方なさそうな長い爪もポイント。

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です